経験者は、ソーシャルレンディング投資に興味を持つ!

色々な投資や資産運用などの経験者が語る、株はイデコは、仮想通貨は?


ソーシャルレンディング投資で気軽に資産運用

資産運用は、投資信託、仮想通貨、FX、ソーシャルレンディングによる不動産投資の経験があります。この中で、投資信託と仮想通貨に関しては一定の金額を投入して継続取引を行っています。トータルの収支ではマイナスになっており、資産運用の難しさを感じていますが、失敗経験を生かしていきたいと考えています。資産運用の中で経済的な知識もついたため、その面でもメリットはあったと感じています。これからも無理のない範囲で継続していく予定です。

株取引は個別株の購入はしておらず、投資信託を運用しています。個別株に関しては、知識量が不足しており、また資金的な面もあって手を出してはいません。投資信託は株式の知識がなくても運用が可能なので便利です。手数料もネット証券を使えば格安なため、現在は投資信託による長期投資で運用しています。

投資1.jpg

投資信託に関しては全体的に収益がプラスになっています。積立投資の方式を利用してできるだけリスクを抑える形で運用しているため、結果につながっていると考えます。FXに関しては、試しに取り組んでみる程度で終わっています。レバレッジがかかって実際の証拠金よりも大きな取引が可能ですが、そのため怖さもあります。

また通貨ペアによっては非常に値動きが大きいものもあり、安易な取引では危険性が伴います。相場の動きを判断するのはとても難しく、また常にポジションを持ちたくなる誘惑が大きくなって、無意味な取引をして損失を出すことがあります。このようなことに対するリスク管理が非常に重要だと感じています。

仮想通貨は、ビットコイン、リップル、ライトコインなどの通貨に対しての投資経験があります。仮想通貨の市場は価格変動が大きく、また短時間で急激な値動きをするため非常に読みにくい相場だと感じています。下がる時にはあっという間に大きく下がり、上がる時には短期間で上がるような値動きです。

長期トレードもそうですが、特に短期トレードの場合は損切りをどの時点で行うかが資産を守るために重要だと考えます。私の場合は、仮想通貨の将来的な広がりを信じて長期投資のスタンスで行っています。しかし仮想通貨投資を始めた頃は、トレンドが下落している時であり含み損を重ねてしまいました。なかなか損切りが決断できなかったことが原因です。その後いったん全てを決済して、反省を生かした上で改めて取り組んでいます。大きな金額を掛けるのは以前の失敗もあって怖い面もあるため、少額で行っています。リスク管理のため、自分で決めた損切りや利確のタイミングを必ず守るように心がけています。

ソーシャルレンディング投資に興味を持っています。ソーシャルレンディングは運用会社が個人からお金を集めて、企業に貸し出すスタイルの投資方法です。不動産投資は多額の費用がかかりリスクが大きいという認識がありましたが、ソーシャルレンディング投資を利用すれば、少額で不動産投資が可能であることを知りました。リスクも比較的低く、何より少ない金額で投資できることが自分に合っている点に興味を持ちました。

非常に多くのソーシャルレンディングの運用会社が存在するため、利用にあたっての選択肢も多いです。株式市場のように日頃の値動きにとらわれる必要がなく、最初に投資をして後は何もする必要がない点も楽です。もちろん投資のため損失リスクはありますが、運用成績の良さや投資にかける時間の少なさ、少額運用の可能な点など、自分のスタイルに合っていると感じています。1万円程度から投資が可能なので、今はその金額で投資をしています。まだ本格的に行っているわけではありませんが、運用結果を見ながら慣れてくれば投資金額を増やすことも視野に入れています。

Posted in